2009年01月04日

W・スミス大活躍ですね

いろんな映画に出まくってましたもんね

 「2008年最も稼いだ映画スター」の栄冠は、ウィル・スミスの頭上に輝いた。 最も稼いだ映画スターとなったウィル・スミスの写真はこちら  Quigley Publishing Co.による毎年恒例の調査は、全米の映画館主と映画バイヤーが、最も興行収入を稼ぎ出した10人に投票するもの。スミスは1932年の同調査スタート以来、トップに立った2人目のアフリカ系アメリカ人俳優となった。1人目は、68年のシドニー・ポワチエ。 スミスは07年12月中旬公開の『アイ・アム・レジェンド』から稼ぎつづけ、『ハンコック』が2億2800万ドル、現在公開中の『7つの贈り物』はいまひとつ振るわないものの、2週間で3900万ドルの全米興収を記録している。スミスにつづくベスト10のランキングは以下の通り。2位 ロバート・ダウニーJr. (『アイアンマン』『トロピック・ サンダー/史上最低の作戦』)3位 クリスチャン・ベール(『ダークナイト』)4位 シャイア・ラブーフ(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『イーグル・アイ』)5位 ハリソン・フォード(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』)6位 アダム・サンドラー(『エージェント・ゾーハン』『ベッドタイム・ストーリー』)7位 リース・ウィザースプーン (“Four Christmases”)8位 ジョージ・クルーニー(『かけひきは、恋のはじまり』『バーン・アフター・リーディング』)9位 アンジェリーナ・ジョリー(『カンフー・パンダ』『チェンジリング』『ウォンテッド』)10位 ダニエル・クレイグ(『007/慰めの報酬』“Defiance”) 前年の1位、ジョニー・デップは08年は公開作品がなく、過去7回1位に輝いているトム・クルーズもベスト10にランクインしなかった。 また未来の最も稼ぐ映画スターを予想する「明日のスター」への投票では、アン・ハサウェイとクリス・パインがトップに選ばれている。■関連記事 2008年ヒットに最も貢献したスター ベスト15 (2008/12/29) ハリウッドスターのパワーに危機? (2008/10/25) 堀北真希、米紙選出の若手スター“日本代表”に (2008/10/07) ハリウッド・スターの「2008年最も感謝していること」 (2008/11/27) スターたちが米俳優組合ストライキに「待った」 (2008/12/17)

08年最も稼いだのはW・スミス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090104-00000002-vari-ent


今日のラッキーキーワードは、「加藤夏希」です。
posted by かめこ at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
密かにあたためているフェチ心を私たちと一緒に楽しみましょう+.(・∀・).+★ http://sns.b8y.in/
Posted by 美奈子. at 2012年07月24日 08:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。